新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

犬の眼窩下膿瘍
 中高齢のワンちゃんが目の下から血が出ている、
もしくは、腫れていると来院されることが多くなっています。
 
 その正体は『眼窩下膿瘍(がんかかのうよう)』です。
これは、歯周病菌が歯の付け根(根尖部)に入り込み
眼の下に膿瘍(膿)を溜めて、腫れて、破裂する病気です。

 ほとんどの方が、皮膚病や、ぶつけた、もしくは傷と思い来院されます。


眼窩下膿瘍 術前1

このように、眼の下から出血し、血膿が出ています。

眼窩下膿瘍 2

 さらに、毛を刈ると、このように、膿が出てきた場所が
皮膚炎を起こしています。

 現在、ペットショップ、動物病院などで
歯に付着した歯石を無麻酔で爪や、器具で取るところがあります。
見た目は、きれいになっていて、良いようにおもえますが
肝心の歯周ポケットの汚れは全く取れていません。
 
 イヌも人と同じように歯周病予防に、歯周ポケットの掃除が必要です。
となると、歯磨きが一番有用と思われます。
もちろん、歯磨きガムも有用かとも考えられます。
 しかし、自分の犬猫に歯磨きが出来ている患者さんが
どれだけいるかというと、ほとんどの飼主さんが出来ていないのが現実です。

 歯石は歯周ポケットから溜まっていくといわれています。
さらに、その歯周ポケットから歯石がついていきます。
 歯石を手で取ったり、器具で剥がすことは問題ないのですが、
歯周病予防にはあまりなっていないかもしれません。。。

 犬は虫歯になりにくいのですが、歯周病からこのような
眼窩下膿瘍になることが少なくないので、歯石の除去よりも
歯周ポケットと歯周病予防を心がけたいですね。

 お時間があれば、少しづつでも
カワイイペットとのコミュニケーションを兼ねて
歯ブラシにチャレンジ、もしくは再チャレンジをしてみては
いかがでしょうか?
 動物病院では、犬用の歯磨き、歯ブラシも用意しております。
また、歯磨きの方法なども、相談にのっています。

 詳しくは、スタッフまでお声をかけてくださいね。
スポンサーサイト

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.