新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

ハムスターの膿瘍の外科手術
 ハムスターを飼育されている方が多くなっています。
特に、若い方に人気のようです。

 飼われる方が、お子さんから大人になり、
早期に病気に気づくことが多くなっているように思えます。

 この子は、本院でも多い疾患の皮下膿瘍になっていました。

 ハムスター膿瘍 術前

皮下膿瘍は、原因は不明なこともありますが、皮膚の下に細菌が入り込み
化膿を誘発し、大きく袋状になり破裂することもあるようです。

 飼主さんに、細菌が入り込み化膿し大きな腫瘤になっていることをお伝えし
手術で治す方法、また、抗生剤で治療する方法をお話しました。

 飼主さんは、手術は怖いので、藻に薬で治してみたいということで、
飲み薬を選択し、1週間近く自宅で飲み薬を続けていただきました。
 1週間後に来院された際、膿瘍は小さくなっておらず、
脱毛も大きくなり、また、本人もきにしているようで
飼主さんは、手術を決めて来院されました。

 手術は全身麻酔(吸入麻酔)を行い、
半導体レーザーで切開し、膿を除去し、洗浄を行い
縫合するか、半導体レーザーなどを使用した場合は
開放といって、縫合せずに済む場合もあります。

 ハムスター 膿瘍術中

 また、小動物の手術は麻酔管理が難しいことも
飼主さんにお伝えし、手術を行いました。

 手術は、数分で終了し、当日にはお返ししました。
この子は、現在、再発もなく経過しています。

 現在、ハムスターの手術症例が増加し、
麻酔のリスクもお話する機会が増えています。
 麻酔を行う上で、飼主さんとしっかりと相談し
現在、手術を行っています。

 ハムスターの飼主さんは、来院する際は
かなり心配されており、手術を当日に決めれる方は少なく
また、手術法も日に日に、良くなっています。
手術時間を短縮し、麻酔のリスクを軽減できるように
手術機器を導入したり、また、獣医師も最新の医療を
勉強したりと努力しております。
 
 可能な限り、飼主さんの心配を取り除くように
病院スタッフ全員で努力しております。

 
スポンサーサイト

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.