新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Mダックスの頚椎ヘルニアの外科手術(ヴェントラルスロット法)
 ヘルニアの手術は、日々行われています。
特に、ダックス、フレンチブル、などはヘルニア手術の多くを占めています。
 ただ、ほとんどの子が、胸腰椎のヘルニアがほとんどで、
頚椎(首)のヘルニアは多くはありません。
 しかし、ここ数年、頸椎のヘルニアの症例が増加傾向にあります。
特に、ビーグル、ダックス、F、ブルドッグも多く来院されています。

 この子は、4歳のMダックスで、元気がないと来院され、
頚椎のヘルニアを疑い、レーザー治療と内服薬で経過を見ていました。
しかし、翌日、立てないと来院さました。
 昨日まで歩けていたのに、横になったまま、立てなくなっていました。
飼主さんには、頸椎のヘルニアを疑うので、手術を考え、CTでの精密検査を
お勧めしました。

その日にお預かりした際の状態です。
首には、コルセットを装着し、点滴を始めている状態です。
まったく立つことも、座ることもできませんでした。

 頸椎ヘルニア 術前 院内

 CTの結果、頸椎の第4~5間に椎間板ヘルニアがあり、
脊髄をかなりの部位で圧迫していました。

 飼主さんに、治療法を説明しました。
1.内科療法(エラスポール、ステロイド、半導体レーザーなど)
2.外科療法(手術を行い、ヘルニア物質を取り除く)

 上記の説明をさせていただき、飼主さんは2.の手術を選択されました。

 頸椎ヘルニア 術前

 のどの部分を消毒、ドレープ、また、毛などが入り込まないように
透明のテープで術創を用意します。
 手術は、首ののど側からアプローチし、筋肉、血管、神経、気管などを
傷つけないように、椎間板までアプローチを行い、出ている椎間板物質を取り除きます。

 頸椎ヘルニア 術中 1

 針を刺している部分が、椎間板物質です。
このように、針を刺すことで手術の目印にしています。

 頸椎ヘルニア 術中2

 頸椎のヘルニアを整形外科用のドリルで削り
飛び出した椎間板を除去し、圧迫を解除します。

 手術は2~3時間で終了しますが、
椎間板物質の大きさ、また、癒着状態などで時間が異なります。
 手術後は、すぐに覚醒しますが、術後は痛みを取り除くため
疼痛管理を行うので、少しぼ~としています。

 手術後2日後に退院し、
術後2週間でこのように、伏せができるまで改善します。

 頸椎ヘルニア 術後 2週間

 4週間では歩けるようになっています。

 頸椎ヘルニア 術後4週間

 現在、歩けるようになっており、今までのようにソファーに上がるようにもなり
飼主さんも喜びたいけど・・・とお話をされています。

 この子のように手術で改善する頸椎ヘルニア、
また、半導体レーザーなどで改善する子もいます。
 どちらの治療法が良いのかは、術前検査で飼主さんと
話し合い決めています。

 どちらを選択されても、治ることが一番です。
飼主さんも、ワンちゃんも元気になられて良かったですね。
スポンサーサイト

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.