新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

ダックスの頸椎ヘルニアの外科手術(ベントラルスロット法)
 椎間板ヘルニアというと、胸腰椎のヘルニアを想像しますが、
最近、頸椎に起こるヘルニアが増加しています。

 頸椎のヘルニアと胸腰椎ヘルニアは違うのでしょうか?
もちろん、椎間板が飛び出るということは、同じですが、
外科治療は全く異なります。

 本院でも、内科療法や、理学療法で改善している子もいますが、
手術が必要になるケースも増加しています。

 この子は、以前に腰のヘルニアを発症し、
内科療法で改善していたMダックスの男の子です。

 飼主さんは、ドッグフード以外のおやつを食べて、
食道か胃にひっかったのでは?と来院されました。
 触診で特に詰まったり、引っかかったりはしていないようでした。
飼主さんも心配されたので、念のため、レントゲンを撮らせていただきました。
結果は、椎間板ヘルニア疑いでした。
しかし、現在も元気に動いていることから、飼主さんには
安静にしていただくようお伝えし、帰宅されました。

 翌日には、今朝から立てなくなって、横になったままで来院されました。
検査を進めると、頸椎の第4~5番の間の椎間板ヘルニアと仮診断し、
CTでの精密検査を行いました。
 CTの結果、やはり、かなり重度の頸椎ヘルニアでした。
今回だけではなく、以前にも頸椎のヘルニアを起こしているようでした。

 頸椎ヘルニア 書き込み済 2


 頸椎ヘルニア 書き込み済

このように、CTでは、頸椎の椎間板物質が脊髄を圧迫しており
これが原因で、動けなくなっていました。
もちろん、念のため、腰のCTも撮影し、異常がないことを確認しています。

 この子は、飼主さんと相談のうえ、
2日ほど、内科療法を行いましたが、改善せず
手術となりました。

 手術は、ノド側からアプローチし、食道、気管を避けて
さらに、血管と神経を避けて、頸椎にアプローチします。
頸椎に2か所、穴をあけ、椎間板物質を取り除く、
ベントラルスロットという、外科手術を行いました。

 術後は、2日で退院され、
自宅から理学療法に通院されています。

 頸椎のヘルニアはダックスをはじめ、ビーグル、などの
骨異栄養症犬種が多く来院されます。

 腰のヘルニアは多く来院され、
内科療法で改善することがほとんどですが、
頸椎のヘルニアも、内科療法で改善することも多いヘルニアです。

 しかし、中にはこの子のように
手術が必要な子もいます。
 現在、頸椎のヘルニア手術が可能な病院は少ないのが現状です。
 
 理由は、手術がかなり難しいことが一番の理由でしょうか。
また、確定診断には画像診断として、脊髄造影、もしくは
CTやMRIが必要なのも一因でしょう。

 現在、本院では、頸椎のヘルニア手術も行っております。
前足の動きが悪い、首を触ると痛がる、散歩中、引っ張りぐせのある
ワンちゃんが急に引っ張らなくなったときは、頸椎のヘルニアがあるのかも。。。
 腰のヘルニアに比べ、発生率が高くないですが、
ビーグル、ダックス、ペキニーズ、Fブルドッグなどの
飼主さんは、腰のヘルニア以外にも頸椎のヘルニアもにも
気を付けてくださいね。 
スポンサーサイト

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.