FC2ブログ
新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 48歳
獣医学博士

獣医麻酔外科学会 評議員
獣医腫瘍学会
獣医皮膚科学会

妻、子供、犬4頭、猫2頭、フェレット1匹
と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
逆さまつ毛の半導体レーザーでの永久脱毛
 涙が多く出るワンちゃんが来院することが多くあります。
さまざまな原因で涙がたくさん出たり、涙が抜ける鼻涙管が
塞がったり、細くなり出ていることもあります。
 治療法は、その原因により、鼻涙管の洗浄、食事の変更、
点眼薬、手術など色々と変わってきます。

 この子は、眼のふちが内側に入り込み
まつ毛が角膜に当たり、炎症を起こし、その刺激で
涙がたくさん出ていました。
 まつ毛を抜くという行為に関しては
獣医師によって、見解が異なるところですが、
抜くことにより、悪化することも多いという専門医もいます。

 本院では、可能な限り、根治を願い、
抜くことよりは、手術、レーザーなどを使用した治療法を取り入れています。

 この子も、両目ともに涙が多いと来院されました。
両目ともに、まぶたが内反しており、その刺激で涙がでるようです。

内反症

手術前に、飼主さんにも、まつ毛が目に入り込んでいることを
確認していただき、半導体レーザーでまつ毛の毛根をレーザーを
1秒くらい当て、何か所かレーザーを当てました。

 このように、今までは、毎週のようにまつ毛を抜いたり、
目薬を入れたりしていただいた子も、軽い鎮静で改善するようになりました。

 レーザーの問題点は、まつ毛が2度と生えないかというと
一生、必ず生えないというものではないようなのと、
眼の周囲の手術なので、鎮静が必要なることです。

 レーザの治療は痛みもほとんどなく、
簡単に処置できるので、治療としての選択は増えていると思われます。

 
スポンサーサイト

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。