新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

犬の椎間板ヘルニアの手術の時期
 犬の椎間板ヘルニア手術にいつ踏み切るかは
獣医師と飼主さんと相談のうえ、決めることがほとんどです。

 現在、椎間板ヘルニアにはグレードを症状から分類しています。

 グレードⅠ:疼痛・知覚過敏
 グレードⅡ:歩様失調、姿勢反応の異常
       自力歩行が可能な不全麻痺
 グレードⅢ:自力歩行が不可能な不全麻痺
 グレードⅣ:対完全麻痺、排尿制御失調
       深部痛覚あり
 グレードⅤ:対完全麻痺、排尿制御失調
       深部痛覚なし

 本院では手術を行う場合、グレードⅡから行っております。
逆に、グレードⅤの症例でも手術を行わないこともあります。
 では、その選択はどうしているのでしょうか?
 画像診断、神経学的検査、飼主さんの意見です。
この3点を重視し、手術に踏み切るか、もしくは、内科療法を行うか決定しています。

 今まで、グレードⅤの症例で手術を行わず、何とか歩けるようになった症例もいます。
しかし、文献的には手術を行わないと高率で歩けない状態が続くと言われています。

 ヘルニア=手術 ではありません。
本院でも、内科療法を行い、ほとんどの患者さんが歩けるようになっています。
 内科療法には
・ステロイド
・エラスポール
・エキソコルポール
・ビタミン剤
・サプリメント などがあります。

 本院では上記の薬に半導体レーザーとケージレストを組み合わせて
内科療法を行っています。

 今回のヘルニアの子は、1年前にヘルニアと診断し、内科療法で改善し、
その半年後に再発し、これも内科療法で改善し、3回目の再発で手術を行った子です。

 グレードはⅡで、歩くことは可能なMダックスでしたが、
今までのように、痛みが引くことが無く、飼主さんも心配され、
CTでの画像診断を行いました。

CTでの結果は、椎間板物質が髄腔の50%を占めており
すぐにでも手術をしたほうが良いということでした。
飼主さんも、歩けるワンちゃんを見ていて、手術は・・・と
考えていたようですが、CTの画像をご覧になり、手術を決められました。

 手術は、飼主さん立合いの下、関節突起を3個、椎弓を2個
かなり大掛かりに手術を行いました。

ヘルニア術中

 手術が終わるまで飼主さんはワンちゃんの側に居て頂き、
帰宅は手術後2日で退院となりました。

 手術後、2日後には歩けるようになり、毎日、
飼主さんは喜んでリハビリをしています。
 また、術後は、半導体レーザーで理学療法を、
自宅では、リハビリをしていただいています。

 術後の早期の帰宅と、術後の回復に早さを見て
飼主さんも、すごく喜ばれています。

 ヘルニアになったときは、獣医師とよく相談し、
グレードに関係なく、手術、内科療法、理学療法を
考えれると良いでしょうね。
スポンサーサイト

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.