新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

犬のワクチンアレルギー
 毎年、狂犬病や5種、8種、9種といった犬用の混合ワクチンを
接種されている方が多くいらっしゃいます。
 本院でも、毎日のように、ワクチン接種を行っています。
その際、ワクチンを接種した後に、ワクチンアレルギーが起こるかも
知れないので、接種後はワンちゃんをよく見ていてくださいとお話します。

 この子も、毎年、ワクチン接種にいらっしゃいっていました。
今回も、ワクチン接種後にアレルギーが起こるかも知れないので
様子を見ていてくださいと伝えました。
 ワクチン接種後、1時間くらいして飼主さんからお電話がありました。
「先生、なんか元気なく、顔が腫れてきたかも」と。
きっと、ワクチンアレルギーなので、時間があれば、来院してくださいとお伝えしました。
ワクチンアレルギーとは、ワクチンに入っているアジュバンドという物質に
体の免疫が反応し、起こる副作用です。

このように、お顔が腫れています。
ワクチンアレルギー2


 この副作用には、とても危険なものと、あまり危険でないものがあります。
とくに、重要なのがアナフィラキシーといって、
注射して、数分で起こるショック状態を呈したアレルギーです。
 本院では、人の予防接種と同様に接種後、5分以上は病院で待機していただきます。
この間に、何か症状が出ても、病院であれば、処置が可能であり、かつ、治癒できます。

 しかし、自宅での対処法は何も無いのが現状です。
もうひとつの危険ではないアレルギーとは?
 本院でも年に数回、起こりますが、
ムーンフェイス(顔面の腫脹)痒み、ムクミ、震え、嘔吐など
いろいろな症状が認められます。
 
 ワクチンアレルギーは、ほとんどの場合、
接種してから12時間以内に起こることが多く、
翌日に起こることは少ないといわれています。

 この子は、別の状況で顔面が腫れて
お顔がお月様のように腫れています。
いわゆる、ムーンフェースです。

 ワクチンアレルギー 2

  ワクチンは、人も犬もフェレットもワクチンアレルギーが起こる可能性があります。
ワクチンの種類よりも、その子のもつ、感受性によるところが多いのかも知れません。

 まずは、ワクチンアレルギーのことを良く知り、
担当の獣医師と相談のうえ、接種の後のお話をされてください。

 また、以前にワクチンアレルギーが起こった経験のある飼主さんは、
接種前に、担当獣医師と相談のうえ、投薬後の接種、ワクチンの変更など
ご相談され、安全に接種をされると良いと思います。

 今回、お顔が腫れたワンちゃんたちは翌日には元気にしていました。
飼主さんも、ビックリされていました。
 病名を聞いて、安心されていました。
スポンサーサイト

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.