新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

血管外膜細胞腫の拡大切除
 犬の皮膚の下(皮下)にできる腫瘍には
脂肪腫にはじまり、多種多様な腫瘍が発生します。
 とくに、7歳以降のシニアの犬には多く見られます。

 この子も、皮膚の下にあった小さなイボが徐々に大きくなり
ここまで大きくなり、さすがに飼主さんも心配になり、手術を希望されました。

 血管外膜細胞腫 術前

 腫瘍は良性でも悪性でも小さいうちに切除したほうが良いのは
同じですが、お年を召してくるとなかなか手術に踏み切れないのは当然ですね。
 この子の飼主さんも、「手術をしないと大きくなるしね」とお話をされながらも
なかなか踏ん切りがつかず、ここまで大きくなりました。
 最後は、近所の方から手術したほうが良いんじゃないと言われ
心に決めて来院されました。

 腫瘍は『血管外膜細胞腫』といって、悪性度は低いながら
細胞レベルで増殖し、完全に切り取れず、再発を繰り返し、悪化をする
優しそうな顔をした、腫瘍です。

 飼主さんには、完全に切り取るには、筋肉も皮膚も
飼主さんが考えている以上に大きく切開することをお伝えし、了解していただきました。
 もちろん、術前検査はしっかりと、血液検査、レントゲン、心電図、などを行い
麻酔・手術に耐えれることを確認し、飼主さんにも安心していただきました。

 腫瘍自体は、約2kgくらいある大きなもので、
筋肉にも癒着、浸潤し、想像以上に手術時間がかかりました。
 しかし、麻酔管理もよく、手術が2時間かかり、手術が終わったと同時くらいに
覚醒し、翌日の午前には帰宅されました。

血管外膜細胞腫 術後

 手術は、再発予防のため、マージンといって、
腫瘍の周囲から約2cmほど、大きく切り取ります。
しかし、皮膚の周囲は大きく切り取れても、奥側(腹腔)には
大きく切り取れません。
 それでも、筋肉を腫瘍と一緒に切除し、マージンを取りました。

 術後は、ドレーンを装着し、帰宅していただきました。
自宅では、ドレーンから排出される、漿液をガーゼできれいにしていただき、
抗生剤、痛み止め、止血剤などを飲ませていただきました。

 現在、術後、6日ですが、手術の傷もきれいに治ってきました。
順調に回復しています。

 年を召したワンコなので、飼主さんも、飼主さんの近所の方もかなり
心配されていましたが、今は、食欲もあり、元気もあり、散歩もしています。
 地域の看板犬のようなので、早く良くなり、みんなに元気な姿を見せれるとよいですね。
スポンサーサイト

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.