新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

頚椎のヘルニアに半導体レーザーを利用した治療
 犬のヘルニアには、多種ありますが、
最近、本院で頚椎のヘルニアと診断されることが増えています。
 頚椎というのは、首の骨のことで、人と同じ7個あります。
この首の骨と骨の間にある椎間板物質という、緩衝材が
色々な原因で脊髄神経側に飛び出し、神経を圧迫することにより
痛みが生じたり、重症であれば、歩けなくなり麻痺したりもします。

 診断は、通常のレントゲンでは椎間板物質は写らないので、
造影するか、もしくは、CTなどの画像診断を行います。

 この子は、先ほどまで元気に食事もして、遊んでいたのに
急に、動けなくなり、心配されて来院されました。

 すぐに、診せていただくと、前足、後足の両方が動かなくなり、
立てなくなっていました。
 意識などは正常で、脳にダメージがあるようには考えにくいので、
脊髄疾患を疑い、レントゲンを頚椎から骨盤まで撮らせていただきました。
結果は、頚椎の5番と6番の間に問題がありそうと飼主さんにお伝えしました。
 年齢も12歳なので、神経の腫瘍、もしくは、ヘルニアと仮診断し、
痛み止め、ビタミン剤、脊髄の炎症を抑える、好中球エラスターゼ阻害薬を投与し、
さらに、MPSSというステロイドを静脈点滴しました。
 入院1日目に点滴を確保し、立てないときの写真です。

頚椎ヘルニア 処置前.

 2日目に改善の兆しが無いので、飼主さんとCTでの精査をするかどうかの話をしました。
飼主さんは、今後の治療方針、経過、予後が知りたいので、CTでの精査を希望されました。

 CTの結果、頚椎の5~6番の間の椎間板物質が脊髄神経の中央部まで圧迫し、
手術が必要であると思われました。
 飼主さんに手術の必要性の話をおこないましたが、年のこと、
麻酔のこと、持病のことなどから家族会議を開いていただき、
家族全員で手術を行わないということになりました。

手術を行わないと判断される飼主さんは少なくありません。
ヘルニアの手術は必ず、歩けるようになるということも言えない手術ですし、
胸椎・腰椎のヘルニアと比べ、頚椎のヘルニアは難易度も高く、
また、入院期間も長い傾向にあります。
 この子のようにお年をめしてからの、病気の場合、
色々な点で、手術をしないと決断される方もいらっしゃいます。

 飼主さんと、内科療法、理学療法に力を入れることになりました。
内科療法は、MPSSという、ステロイドを利用した治療法と、
好中球エラスターゼ阻害薬という炎症を抑える薬を併用します。
さらに、理学療法では、半導体レーザーを使用した治療法も行います。

 治療後、5日目の状態です。

頚椎 処置跡

 このように、頭を上げれるようになり、自力でご飯も食べ、
排尿も排便も自力で行えるようになりました。
CT画像を見ると、寝たきりになると思われましたが、
何とか、ここまで改善しています。
 現在は、まだ、改善傾向にあるので、理学療法も嫌がらず
させえてくれるので、飼主さんもがんばり、毎日、通院して頂いています。

 現在は、自宅でのリハビリを飼主さんにしていただきながら、
さらに、理学療法で立てるように、病院と飼主さんと一緒に
日々、改善に努めています。

 ヘルニアの手術に踏み切るのは、飼主さんにとっても
大変な決断ですが、手術をしないといけないということではないので
獣医師とよく相談の上、決めて頂くように努力しています。
 
 早く、飼主さんの料理中に、おこぼれをもらえる様に
台所まで歩ける様になると良いですね。
スポンサーサイト

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.