新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

ハスキーの皮脂腺上皮腫の外科手術
 皮膚に出来る腫瘍にはたくさんの種類があります。
とくに年をめしたワンちゃんは、皮膚に腫瘍が出来ている子が多くいます。

 この子も、当初、飼主さんは、口をかいて出来たカサブタだと思われていました。
実際の状態はこの写真のような状況です。

皮脂腺上皮腫 1

 このように、唇の脇に小さなかさぶた状のものが出来ています。
かさぶたを剥がすと、このように、小さな腫瘍が出来ています。

 皮脂腺上皮腫 2

 この時点で、飼主さんに引っ搔いたために出来た傷ではなく、
腫瘍であるとお伝えしました。
 飼主さんと協議の末、術前検査を行うことになりました。
術前検査とは、手術をする前に、腫瘍の悪性度、腫瘍の名前などを
確定するための病理検査です。
 さらに、麻酔の術前検査もあります。
これは、麻酔をかける前に、麻酔のリスクを知るために
血液検査、胸部レントゲン、心電図を行います。
 この子は、病理検査と、麻酔の術前検査を行いました。
結果は、血液検査、レントゲン、心電図に異常を認めず、麻酔は問題ありませんでした。

病理検査は、麻酔も要らず、メスで腫瘍の一部を切開し、止血し終了するか、
もしくは、バイオプシーガンで、腫瘍を取るか、針で吸引します。
この子の場合は、メスで腫瘍の一部を切り取り、病理検査を行いました。
結果は、『皮脂腺上皮腫』といって、悪性度は低いものの、悪性腫瘍でした。
この腫瘍は、付属リンパ節に転移すこともあるといわれている腫瘍です。
 病理検査の結果を飼主さんにお返しし、今後の治療方針を話し合いました。
飼主さんは手術すると決められており、立会いで手術になりました。

 手術は、皮膚、皮下組織、筋層まで切除します。
また、この子の腫瘍は悪性度が低いこと、また、飼主さんも、
術後の顔を気にされていることから、なるべく、切り取れて、可愛い顔が
変わらないようにといわれていました。

 手術中の写真です。
皮脂腺上皮腫 3

 可能な限り、出血も少なく、かつマージンも取るよう努力しました。
術後の縫合後です。

 皮脂腺上皮腫 4

 手術は麻酔が覚め、覚醒するまで約30分ほどでした。
術後は3時間、病院で点滴を行い、疼痛管理を行い、
夕方には飼主さんと一緒に帰宅されました。

 現在、半導体レーザーで、局所麻酔で腫瘍を焼きとる手術も行っております。
半導体レーザーは悪性の腫瘍の局所療法はできないので、やはり、この子のように、
術前の病理検査で手術の方法、マージン、術後の治療も考えておくのが良いと思います。

 現在は、手術の当日から食欲もあり、元気にされており、
飼主さんも、手術をして良かったとおっしゃっていました。 
スポンサーサイト

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.