新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

超小型犬の創外固定治療
 生後、6ヶ月のポメラニアンが急患で来院されました。
症状は、左前肢を痛がり、着かないということでした。

 診察すると、左前肢を挙げて3本足で歩いています。
また、痛がる足は腫れています。
骨折を疑い、レントゲンを撮影しました。
 
 その際の写真が、この写真です。

 骨折 術前検査

 前足の腕の部分が折れています。
この部位は、小型犬に多く見られる骨折です。
 治療は、手術が基本といわれており、ギブスなどの外固定では
治らない場合が多いように思えます。
ギブスなどの外固定で治らないと、転院されて来られる場合もあります。

 飼主さんと、手術の方法、金額、メリット、デメリットをお話し、
創外固定と手術法を選択されました。
 創外固定は、ここ数年、このような小型犬に多く行われるようになった手術です。
超小型犬は、ヨーキー、プードル、ポメラニアン、チワワと体重が1~3kgのワンちゃんです。
この子も2kgと小さく、飼主さんはかなり心配されていました。

 今までの手術は、ピン、プレートなどがありましたが、
ピンも、プレートも良い部分も多い反面、術後の固定力、また、
再発に問題が多いのも、実情でした。
 ピン固定は、安定力では、かなりの不安が残りますが、
手術代金が安いのも実情です。
 プレートは、固定力が強いことは良いのですが、プレートを外すために、
再手術が必要になります。
 上記の手術の良いところを入れて、さらに、マイナスであった部分を
少なくするのが、創外固定です。

 こちらは、術中写真です。
骨折部位を境に、合計6本の創外固定用のピンを入れています。

 骨折 術中1

 6本のピンを骨の真ん中に挿入し、そのピンをSKクランプで固定します。
このSKクランプは、かなり強力に固定できます。
 皮膚を縫合した状態です。

 骨折術中2

 創外固定は、約1~2ヶ月で骨折は治療し、その後、鎮静下で
ピンを抜くだけなので、プレートのように、皮膚を切ることもありません。

 本院では、現在、すべての手術法を選択できるようにしています。
手術代金、手術時間、治癒期間、その子の運動量などをお聞きし、
最終的に飼主さんと、ワンちゃんに適応した手術法を選んでいただきています。

 今後、この手術法が、前足の骨折、とくに、小型犬の手術法として
確立されていくと思われます。

 この子は、夜に手術を行い、翌日の夕方には退院となりました。
飼主さんも、かなり早い退院だったので、心配されていましたが、
自宅に帰宅してから、食欲も元気もあり、安心されたようでした。

 飼主さんは、手術という、痛い思いは1回のみで、また、再手術なども
かわいそうということで、創外固定を選ばれていました。
術後は、約3~7日後には折れた足を着く子が多いので、
元気すぎて、肢を着くことをを心配されていました。

 退院後のワンちゃんは、とても元気にしており、
痛み止めも必要ないと言われるくらいに改善していました。

 入院、手術から退院まで24時間も無く、ワンちゃんにとってもストレスも無く
痛みも少なく、帰宅され安心しました。

 ソファーからのジャンプは、ほどほどにしてくださいね。
スポンサーサイト

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.