新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

果物の種
 異物といって、食べて欲しく無いものを食べるのが、犬・猫・フェレットです。
とくに、犬のなかでもダックスは異物大魔神とあだ名を付けるくらい、よく食べて来院されます。
この子も、今までに、竹串、電池、ヒモ、チョコレートとまさに、異物大魔神です。

 今回は、飼主さんが食べていたビワの種を食べた、吐いていると来院されました。
早速、腸閉塞になっていないかを確認のためレントゲンを撮るも、
腸閉塞になっておらず、胃の中にあることは確認できました。
 飼主さんと、相談になります。

1、お薬、注射などの催吐剤を使用し、吐かせる。
2、内視鏡を使って取り出す。
3、このまま様子を診ながら、自然と便になって出て来るのを待つ。

 この飼主さんのワンちゃんは、今まで上記の3つをすべて行っているので、
飼主さんも、即断されました。
「1でお願いしします」と。
 飼主さんの前で、催吐剤を投与し、吐かせますが、何度、吐いても食事と
胃液のみが出てくるだけで、種は出てきません。
 
 再度、飼主さんと相談し、種の大きさから、様子を見ることになりました。
ここで、問題があります。
 腸に詰まる、腸閉塞は異物の大きさに関係しているのか?
確かに、大きさは関係しますが、今まで、12kgのコーギーが、
リップクリームのキャップを詰まらせ、腸切開を行ったこともありますし、
5kgのヨーキーが、もっと大きい、種をウンチで出したこともあるので、
一概に、大きさと関連はあるとは言えないかもしれません。

 この子の食べたビワの種は、このくらいでした。

びわの種

 直径2cmくらいでしょうか。
このサイズでも腸に詰まることはあります。
 この子は、この後、1日に何度も吐き、食欲もないと来院されました。
超音波検査では腸閉塞を確認できないので、再度、飼主さんと相談し、
もう少し様子を見ることになりました。
 
 種を食べてから、10日後に無事、お尻から出ました。
異物は、結果、次第の部分もありますが、
やはり、その子の状態と飼主さんの心配度で決めるのが良いのでしょうね。

 まずは、飼主さんから安堵の声が聞かれて良かったです。
飼主さんは、10日間、とても、つらい日々だったと思います。
 無事に、出てきてくれてよかったですね。
スポンサーサイト

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.