新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

ペキニーズの3椎間にまたがった椎間板ヘルニア
 ペキニーズ、Mダックス、Fブルドッグ、と骨の形が
少し変わった犬に椎間板ヘルニアは多く発生します。
 この子も、1歳の時から腰に痛みを感じ、来院されては、
内科療法を行い、痛み無く歩けるようになり、飼主さんも安心されていました。

 論文的には、ヘルニアを起こし、内科療法を受けた犬の約半数が再発することから、
飼主さんには、腰に負担のかかること、特に、ソファーの上り下り、階段の上り下り、
また、フローリングなどの滑りに気をつけてくださいと、お話していました。

 2歳になり、急に朝から元気がなく、動かないと来院されました。
神経学的検査で、胸から腰にかけて異常が認めれらることから、レントゲンを撮らせていただき、
すぐに飼主さんとレントゲンを確認しました。
 胸椎の13番目から腰椎の3番目までの骨と骨の間が狭く、ヘルニアを疑う所見でした。
神経学的検査、レントゲン、犬腫などから、椎間板ヘルニアを疑い、内科療法である、
エラスポールという、好中球エラスターゼ阻害薬を開始し、内科療法での改善を試みました。
 2日後には、かなり元気になり、、飼主さんと相談し、このまま内科療法を進めました。

 2週間後、「今日は座ることも出来ないくらい、痛そうにしている」と飼主さんが
心配そうな顔で来院されました。
 ワンちゃんを見ると、痛いのか、震えながら、こちらに訴えてきました。
神経学的検査では、やはり、前回の場所に問題があり、かなり痛そうにしています。
飼主さんのほうから、すぐに、手術をして欲しいとお話がありました。
実は、飼主さんも椎間板ヘルニアを患い、手術をしたとお話がありました。
 すぐに、CTでのヘルニアの確認を行い、画像専門医から、「先生、大変ですね」と。
何故、大変かというと、術中の写真から説明します。
 これは、術中の写真です。

 3椎間のヘルニア除去前
 
 普通、椎間板ヘルニアというのは、1箇所の椎間にヘルニアが出ることが多いのですが、
この子は、3箇所にまたがり、ヘルニア物質が出ていました。
 最近、この子のような多発性の椎間板ヘルニアが多く発生しています。
この子は、さらに、2歳と若く、通常、ヘルニアというのは、
 3~4歳以上に多く発生すると言われています。
 初発が1歳で、手術時の年齢が、2歳と若く、さらに、内服薬の効果が現れないことから
飼主さんのご希望で手術になりました。

 \3椎間のヘルニア 除去後


術後はこのように、圧迫していた椎間板物質がなくなり、
きれいな脊髄がのぞいています。

 現在、整形外科では、胸腰の椎間板ヘルニアの手術適応は、
G3以上、もしくは、G2で痛みが継続する子になっています。
 本院では、最近、G2の手術例が多くなっており、
飼主さんからの手術希望が増えています。

 この子は、手術中、飼主さんも立会い、ヘルニア物質が取り除かれる前と
除去した後の脊髄を確認していただき、1時間半の手術は無事、終了しました。
 手術後、翌日から歩くことができ、2日後には歩いて退院となりました。

 術後は、自宅でリハビリを行っていただきます。
リハビリ法は飼主さんにしっかりと、勉強していただき、
帰るや否や、リハビリが飼主さんとワンちゃんに待っています。

 現在、椎間板ヘルニアの手術は、手術の時期と、術後のリハビリが重要と言われています、
特に、術後のリハビリは人と同じように、その子の一生を左右するほど重要です。
昨年、世界的に有名なリハビリの権威が日本に来られました。
その際、セミナーでリハビリをしっかり出来た場合、出来なった場合で、
術後の改善の差はかなり違うと言われていました。

 この子の場合、術後から歩けるようになり、術後の状態はかなり良かったのですが、
それでも、しっかりとリハビリをするようにしています。
 G2でも早期に手術が出来ると、術後の歩き方、後遺症もなく、
飼主さんも喜ばれています。
手術の時期は、飼主さんの希望、CTなどの画像診断、臨床症状、
薬の効果などを踏まえ、決断するとよいでしょうね。

 現在、この子は病院に歩いてこられて、
元気に痛みもなく、過ごしています。
 3椎間にまたがるヘルニアで、手術も大きく皮膚を切ったので、
傷のほうは痛々しいでしょうね。
 でも、痛みのない生活が出来て飼主さんもワンちゃんも喜ばれています。


 
スポンサーサイト

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.