新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

猫の肛門腺 膿瘍の手術
 犬にニオイ袋があるのは、かなり知られています。
しかし、猫にあるのはあまり知られていません。
理由としては、トリミングに出すことが少ないことにより、
病気が見つかりにくいこと。
また、今まで猫での発生が少なく、雑誌などにも掲載されていないことで
飼主さんの耳や眼に情報が入ってこなかったこともあるかも知れません。

 最近、犬の肛門腺の病気より、猫の肛門腺の病気の子の診察が増えています。
また、再発率が高くなっているのも最近の傾向かも知れません。

 この子も、何度も肛門腺が自潰し、治癒を繰り返しています。
何度も繰り返すので、飼主さんのほうから手術をお願いされました。
 手術は、肛門腺と周囲の炎症組織を切除します。
術前はこのように、肛門の左側に膿が出てきて、毛にも付着する状況です。

   手術する前に、術前検査を行い、事前に点滴を流し、うつ伏せにして
肛門周囲の毛を刈り、しっかりと消毒します。
 毛を刈った状態がこの写真です。

  猫の肛門腺 膿瘍 術前 毛刈り後

このように、肛門腺の周囲が炎症を起こし、皮膚が潰瘍になっています。
肛門腺を除去し、さらに、潰瘍状になっている部分を切除し、縫合します。
縫合後の状態です。

猫の肛門腺 膿瘍 術後

 この子は両方の肛門腺を切除し、潰瘍状になっている部分が30分、
正常な肛門腺の切除が10分で合計40分で手術が終了し、当日の夕方に帰宅されました。
通常の肛門腺の切除であれば、両方で10分で終わる手術です。

 術前検査で腎不全が見つかり、さらに、12歳と高齢で、
飼主さんが心配されていましたが、術前から飲み薬をはじめ、術前にも
静脈点滴を行い、手術は終了しました。

 このように、犬・猫にかかわらず、肛門腺の異常を示す子は多くいます。
その中でも、手術までいく子は少ないのが現状です。
しかし、中には再発を繰り返し、飼主さんの希望で手術になる子もいます。
 手術が必要か、必要でないかは担当の獣医師と相談していただくと
良いかも知れません。

 飼主さんは、術後、ウンチも出るし、思ったほどお尻を気にしないので、
安心されていました。
 何回も、肛門腺が破裂し、痛い思いをしていたので、
これで、破裂もないし、痛みも無くなるので良かったですね。



 
スポンサーサイト

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.