新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

犬の椎間板ヘルニア
 本院では年間椎間板疾患と思われる症例が100例以上来院されます。
その中で歩行が困難になり、歩けなくなる症例が数例います。
 今回は歩行困難になり、ヘルニアの手術をした症例を掲載します。

 この子はヘルニアと思われ、来院後、翌日には歩けなくなり手術をしたダックスです。
この写真は術前です。後足を地面に着けなくなり、両後足を前方に出しています。


ヘルニア 術前


 手術はヘミラミネクトミー(片側椎弓切除術)という術式になります。
胸腰椎にアプローチしてドリルなどを使い、脊髄を確認します。
脊髄を圧迫している椎間板物質を除去し、痛みの原因を取り除きます。
 
 その術中写真です。
ヘルニア術中写真

<
圧迫していた椎間板物質は直径1mmくらいのものから数mmのものまで様々です。
 手術後、数日、病院で入院していただき、その後は自宅で療養してもらいます。

 術後2週間目の写真です。
ヘルニア術後


 まだ、抜糸はしていませんが、しっかりと後足で立てるようになりました。
もちろん、これからどんどん回復して走れるようにもなるでしょう。
 ヘルニアの手術はタイミングと診断が重要になると思います。
ほとんどの子が飲み薬で改善するので、手術まで行うことが少ないですが、
ダックス、コーギーのような骨異栄養症犬腫は気をつけなくてはなりません。
 歩き方がおかしいと思ったら、早々に病院に行き、
検査を受けてください。
 手術までの時間が少なければ回復も早いと思います。
逆に手術までの時間がかかれば、それだけ回復までの時間もかかりますし、
最悪、一生歩けなくなることもあります。

 この子は飼主さんが気づくのが早く、また手術までの時間も早くかったので
術後、1週間で後足に力が入り、2週間目には歩けるようになっています。

 ダックス、コーギー以外にもミックス犬、キャバリア、シーズー、チワワ、パピヨンなど
様々な犬種が本院で手術を受けています。
また珍しいのは猫もヘルニアになり、手術をされています。
 うちの子は大丈夫と思わず、気にかけてあげてください。


スポンサーサイト

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.