新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

若い猫の子宮蓄膿症
 子宮に膿が溜まる病気を子宮蓄膿症といいます。
イヌ、ネコ、ウサギなどに多い病気で、月に何度か手術を行っています。
 さらに、子宮蓄膿症は中高齢の犬猫に多く発症し、
平均7~8歳から多くなると言われています。
 しかし、たまに、この子のように1歳と若い子もいますが、
とても珍しく、変わったタイプです。

 この子は、飼主さんが、発情が続くので心配で来院されました。
猫の発情は2週間近く、続くので長いと感じる方もいますが、
ほとんどの子で2週間近く発情が認められます。

 飼主さんに、2週間以上続いているかとお聞きすると、
そうでもないとのことでした。
しかし、飼主さんが心配されているので、超音波検査を行いました。
犬や猫の子宮はかなり大きくならないと、レントゲンでは写らないので、
本院の超音波を使用し検査を行いました。
 超音波検査では、軽度に拡張した子宮が確認されました。
しかし、子宮蓄膿症と判断するには、発情中の子宮も拡張するので
確定診断にはいたりません。
 飼主さんと血液検査を行うか、それとも経過を観察するか相談しました。
経過観察を選択され、抗生剤の投与を行いました。
しかし、やはり心配で再診されたので、再度、超音波検査を行い、
子宮蓄膿症と診断し、その日の夜に緊急手術を行いました。
手術には飼主さんも立ち会われ、大きく拡張した子宮、腹水も軽度、溜まっていました。
 手術は、問題なく終了し、2日後に退院となりました。

ネコの子宮蓄膿症

立ち会われた飼主さんも、自分のネコのお腹の中を見て、さらに、
大きく腫れている子宮を確認されてびっくりされていました。

 術後はすぐに食欲もあり、元気になっています。
また、傷口もきれいに治っており、飼主さんも喜ばれていました。

 どれくらい大きな子宮かというと、同日、避妊手術をした子の
子宮・卵巣があったので、比較してみます。

ネコの子宮蓄膿症

 このように、正常と比べるとかなり大きくなっているのが分かると思います。
子宮蓄膿症は、ほとんどの場合、中高齢の子に発症するので、
若い子での発症は早期に見つけにくいといわれています。
 早期発見には、超音波検査が一番有用だと思われます。

 この子の飼主さんも、発情が続いているものと考えていたようで、
手術と聞いてかなりびっくりされていましたが、立ち会っていただき、
実際、見ていただき、手術が無事終わり、安心されて帰宅されました。

 今後は、太らないように気をつけるとおっしゃっていました。
無事、手術が終わり、良かったですね。

 


 
スポンサーサイト

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.