新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

イヌの子宮粘液症の外科手術
 避妊をしていないイヌには子宮、卵巣に病気を持つことが知られています。
特に、中高齢を過ぎたイヌに発症することが多いと言われています。
この子も、子供を取る予定で、避妊をせずに来られたようです。
 でも、6歳を過ぎ、子供を取る機会が無くなり、飼主さんが
子宮・卵巣の疾患を気にされて、避妊をすることに決め来院されました。

 すぐに、健康診断を行い、レントゲン検査、血液検査などを行い、
特に異常は認められず、手術の日程を決め、当日になりました。

 手術前も、飼主さんから特に変わったことは無いと、お話を受け、
麻酔に入りました。
 お腹を開けると、子宮を探しますが、通常の部位に無く、心配していると、
腸管の様な形をした、子宮が認められ、子宮粘液症と診断し、飼主さんと
すぐに連絡を取りました。
 
 子宮粘液症

 飼主さんは、命に別状がないならすべて取って欲しいといわれました。
また、通常の避妊に比べ、切開が大きくなることも了承していただき、
手術を無事、終えました。

 子宮粘液症とはプロゲステロンというホルモンの生理作用により、
子宮内膜が過剰に増殖してしまうのが、子宮内膜過形成と呼ばれるものです。
この病気は、不妊の原因になったり、子宮粘液の増加をもたらします。
あまりに増加しすぎた子宮粘液が、子宮内に貯まってしまった状態を、子宮粘液症といいます。
 この状態に、細菌が混入すると、子宮蓄膿症になり、命を脅かす病気になります。

 この子も、タイミングが良かったのか、
元気食欲もある状態で、手術に望めたので飼主さんも喜んでいらっしゃいました。
 しかし、術前の検査で見つからず、獣医師としては考えさせられる疾患です。
 人のように、術前に超音波まですべきなのか、悩ましいです、
人の場合、生理があり、また自覚症状もあります。
また、卵巣子宮を摘出することは、滅多に無いので、人と比べると異なると思いますが、
動物医療も、人の医療に近づいている現状、術前検査は飼主さんと相談の上、
可能な限り、起こって行きたいと思われる子でした。
スポンサーサイト

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.