新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

アイリッシュセッターの胃拡張捻転症候群のベルトループ胃腹壁固定術
 アイリッシュセッターのような胸の深い犬種の飼主さんには
『胃拡張捻転症候群』(GDV)の危険性があることをお伝えしています。
 しかし、飼主さんが気を付けていても発症することがあります。
この子も、食後に散歩に行かない、食事を数回に分けるなどの予防処置を
されていたようですが、発症されました。

 飼主さんに、お聞きすると2年前くらいにも同じ病気を発症し、近くの病院で
治したそうです。
その後、再発に気をつけていたようですが、前日の夜から吐きたそうで、
苦しい呼吸をしていたと、朝一番に紹介で来院されました。

 救急で診察させていただきました。
パンティングといって、呼吸が苦しそうで、下の色も悪く、すぐに
血液検査、レントゲン、静脈確保、輸液、ショックを抑える薬などを投与しました。
 検査の結果、やはり胃拡張捻転症候群(GDV)でした。

 沈静をかけ、横にするとこのようにお腹の部分が腫れているのが分かります。

 GDV 術前 横

 腹部レントゲンではこのように、お腹の中に大きなガスが溜まっています。

 GDV X-RAY

飼主さんに、病名を伝え、治療に関して、お話をしました。
ショックを起こさないようにすること、すぐに胃の拡張と捻転を改善すること、
脾臓などの他の臓器に障害が無いことを確認することをお伝えし、治療に入りました。

 治療は、来院後、すぐに沈静をかけ、食道チューブを挿入し、吸引機を使い、
胃の中のガスを抜いて、苦しいのを取ります。
このガス吸引で、胃の捻転が治る子が結構、います。
 なので、胃チューブを挿入し、呼吸が楽になり、一時的は治ったように
獣医師も飼主さんも思えますが、ほとんどの場合、一時的に治ったとしても
再発するのが胃拡張捻転症候群です。
再発率は80%以上という報告があります。

 例外なく、この子も再発され来院されました。
手術は可能な限り、早々にさせていただきました。
飼主さんにも手術に立ち会って頂き、手術を始めました。

 手術法は、何通りかあり、
1.チューブ胃造設術
2.切開胃腹壁固定術
3.ベルト・ループ胃腹壁固定術
4.肋骨周囲胃腹壁固定術
5.腹側正中胃腹壁固定術
6.これは本院で多く行われる 胃固定術の変法

 上記の手術法には一長一短があります。
本院でも、すべての手術法を行える状態にしていますが、
その子の状態、病態、年齢、発症からの時間など、色々と状況が変わる毎に
手術法を変えています。
 この子は、診断、手術時間まですぐだったので、飼主さんに立ち会っていただき、
開腹し、胃の状態、脾臓の状態を確認し、手術法を決めました。
手術法は、状態から3.ベルト・ループ胃腹壁固定術の変法を行いました。

 術中の写真はこのように、胃の一部を肋骨に巻きつける手術で
ベルト・ループ法よりもしっかりと固定できる変法を行いました。

 GDV 術中 1

 これは、胃の一部を肋骨を巻き込み、固定する変法です。
GDV  術中 2

 この子は手術後、2日で退院となりました。
手術は、本院でも上記の6通りある中で、その子にあった
もしくは、状況にあった手術法を行います。
 GDVは同じ病気でも、重症度、犬種、経過時間などにより
大きく異なります。
また、症例によっては脾臓摘出、胃の部分切除も同時に行うことが少なくありません。
 重症な子は、手術前に亡くなることも少なくないと報告されています。

 予防法は、早食いを抑制すること、食事回数を増やすこと、運動前のお食事を無くすこと、
などなど、胃が腫れた状態で運動など、胃が回転しそうな行動を抑制することが重要だといわれています。
 また、GDVは大型犬に多く発生するので、20kg以上のワンちゃんを飼っている方は
特に注意が必要でしょうね。

 この子も、再発だったので、飼主さんは気をつけていたようですが、再発しました。
初発のときに、手術までするのか、しないのか、また、手術法はどうするのか
獣医師と飼主さんと良く話をしないといけない疾患です。

 この子は、避妊もされていなかったので、将来、開腹手術をすることも考え、
手術方法も飼主さんと相談し、手術しました。
また、当初、話あっていた手術法とかわることもあるので、立会いになりました。

 抜糸後は、また暴れても捻転することはないので、飼主さんの心配は無くなったと思います。
元気に、遊んで、散歩もしてくださいね。
スポンサーサイト

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.