新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

チワワの椎間板ヘルニアの外科手術(ヘミラミネクトミー)
 椎間板ヘルニアという病気はダックスを飼っている方なら
ほとんどの方が知っていると思います。
 中には、自分の犬がなったり、知り合いの犬がなったという方も
少なくないのではないでしょうか。

 本院でも毎月のように、ヘルニアを発症し、来院されています。
その中で手術までしないといけない症例は多くはありません。
 手術適応になる犬種は、やはり、ダックスが一番、多いです。
しかし、チワワや、パピヨンといった犬種も手術まで行うことがあります。
 
 この子は、チワワの8歳の男の子で、昨日から後足が動かなくなったと
来院されました。
 来院時には、このように後足が前に伸びている状態でした。

チワワのヘルニア 術前

 足先を摘まむと少し、痛いぐらいで歩くことは難しい状態でした。
椎間板ヘルニアのグレード分類では、グレード4で、5段階の中の4でした。

 飼主さんと相談し、内科療法を様子を見ても、改善しないと思われること、
また、椎間板ヘルニアのグレード4では早々に手術を受けないと歩けるようになることは
難しいこと、などを伝え、CTでの精密検査を行いました。
 
 CTの結果、腰椎の1番目と2番目の間に椎間板が飛び出し、
それが、脊髄を圧迫していることが分かり、飼主さんと、再度、相談し
ヘルニアの手術となりました。
 この子の場合、ヘルニア物質が片側からのみ飛び出していたので、
ヘミラミネクトミーという骨を片側から切除する手術法を選択し、
検査、当日に緊急手術となりました。

 チワワのヘルニア 術後

 手術は、このように椎間板物質を取り除き、脊髄自体に損傷が無いことを確認し
手術を終えました。
 所要時間は1時間半くらいでした。

 術後は、すぐにリハビリを行うため、2日後には退院となりました。
今までは、術後、1週間くらい入院し、退院後も安静といわれていました。
しかし、最近では、術後のリハビリが重要視され、退院も早くなってきています。
 
 札幌には、動物専門のリハビリを行える施設もありますが、
千歳には、無いので、自宅でのリハビリ法を飼主さんにお伝えし、
飼主さんにがんばって頂いています。
 
 この子も、飼主さんも日々、リハビリをがんばっているので、
早く歩けるようになると良いですね。
スポンサーサイト

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.