新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

創外固定:小型犬の新しい骨折整復手術
 散歩中も、今までは、ゴールデン、ラブラドール、バーニーズなどの
大型犬を良く見かけましたが、見る機会が減ってきました。
 その代わり、チワワ、プードル、などの小型犬を多く見かけます。
そのほとんどが元気に飛び回っています。
 
 この子はイタリアングレーハウンドで、元気に走り回る犬の中の1頭でしたが、
前肢の骨折を機に走れなくなりました。
 この子は前肢を骨折し、外固定で治るのを待っていましたが、やはり治らず、
手術をするということで本院を紹介されて来院されました。

 骨の細い小型犬の前腕の骨折は、外固定(ギブス)での固定では治りにくく、
治癒しないリスクが生じる治療法です。
本院でも、飼主さんとよく話を行い、外固定を選択することもありますが、
小型犬はうまく付かないこともあるので、その際は手術になりますよとお伝えしています。
この子を診ていた病院の先生も説明はされていたようでした。

 手術法は、
1.ピンニング(骨の中にピンを挿入し、固定する方法)
2.ワイヤー(細いワイヤーで骨折部を固定する方)
3.プレート(骨折部分にプレート状の金属をスクリューで固定する方法)
4.創外固定(骨に数本、ピンを挿入し、そのピンを固定する方法)

 紹介された先生も3.のプレート法を行うと考えていたようですが、
手術までの期間が長かったこと、また、術後の経過を見れないことから、
4.の創外固定を選択されました。

 創外固定は、整形外科用の電動ドリルを使用し、折れている場所の両側に
合計6本以上のピンを打ち込み、皮膚から離れた部分でクランプという固定器具を使用し
骨の外側から固定するものです。

\創外固定 1

 この子は、イタリアングレーハウンドドッグで骨折の代表的な犬種です。
このように、細い骨に6本、ピンを打ち込み、その端をSKクランプで固定します。
 術後は、このクランプや、ピンに物が当たらないよう、ガーゼや、包帯で守り、
保護しておきます。
 この子の場合、骨折してから1ヶ月以上経過していたので、
骨折部分に骨移植を行い、さらに、骨折の治療を早めています。
 骨移植は必要ない場合もありますが、創外固定の場合、
2時診療で行う手術が多いので、骨折してから手術までの期間が長いことが多く、
骨移植をする機会が多くあります。

 術後は、このように、6本のピンが入り、骨にはピン以外、触れていません。
創外手術後 X-RAY1

創外手術後 X-RAY2

 術後の痛みも、プレートの挿入より少なく、
異物を体の中に入れておかなくて良いということから、
超小型犬、また、ハウンドドッグのような犬種には向いている手術です。

 イタグレやウィペットの飼主さんで、骨折の経験のある方は多いと思います。
その際、プレートでの固定が多いのが現状です。
しかし、イタグレのような元気な犬種は痛みが無くなると、激しく動くので
プレートが折れたとか、破綻したとか言うことを良く聞きます。
 犬におとなしくしろと言っても、おとなしくはしません。
この手術法だと、術後、2日から1週間くらいで歩くようになります。
術後はほとんどの場合、2ヶ月位でピンを抜きます。
 プレートの場合、2回に分けてスクリューを抜き、プレートを外しますが、
創外固定の場合は、1回でピンを抜ける場合が多いです。

 イタグレ、ウィペット、ポメラニアン、プードルのような
元気で、骨折の多い犬種は骨折の治療の選択肢に創外固定を入れても良いと思われます。
 このイタグレの飼主さんも、骨がついていくのを確認し、喜んでいらっしゃいました。
スポンサーサイト

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.