新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

レッグぺルテス
  先日、2週間前から右後足を上げて痛がるということで来院されました。
レントゲン写真を撮ると向かって左が右後足になるのですが、左と比べて
明らかに変形しており、『レッグペルテス』と診断し、翌日、手術を行いました。
下記に術前、術後のレントゲン写真を貼っておきます。

 術前
レッグペルテス 術前

 術後
レッグペルテス 術後


 レッグペルテス(Legg Calve Perthes)とは無菌性大腿骨頭壊死症といいます。
非炎症性の整形外科疾患です。
人の場合、安静に過ごせば手術をせずに、鎮痛剤などで治癒することもありますが、
犬の場合、小型犬で若い子に多く発症しますので、ほとんどが手術適応となることが多いです。
 この子も、かなり変形が激しく、背骨も曲がってきていたので、飼主さんと良く話し合いをして
手術となりました。
様子を見ていても良いのですが、その間、どんどん、関節の変形がひどくなり、
術後の回復が遅くなり、最悪、歩けなくなったりすることもあります。
 なので、早期発見、早期治療がベストです。
手術自体は1~2時間で終了し、2泊くらいで帰宅できます。
 この子も2日後には無事、退院されました。
この後、抜糸をして、リハビリをして、2ヵ月後には痛みもなく歩けるようになるでしょう。


スポンサーサイト

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.