新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

ハムスターの腫瘍の外科手術
 数年、ハムスターのような、エキゾチック動物が増えています。
それに伴い、飼主さんの意識も変わり、早期に病院に来られることが多いです。
その中でも、ハムスターの腫瘍は年々、増加傾向にあります。
 犬、猫の腫瘍と同様に、治療法は外科的に切除する場合が多くなっています。

 この子も、数日前に腫瘍に気付き、本人も気になる様子で、
舐めており、飼主さんも心配で来院されました。
 腫瘍は、前肢の手首に相当する場所にできていました。

ハムスターの腫瘍 術前

 腫瘍の状況から良性の腫瘍と判断し、手術を勧めました。
年齢も1歳半と高齢になり始めていたので、手術に伴う、麻酔のリスクをお話し
一度、自宅で考えていただくことにし、手術希望であれば連絡をいただくことにしました。
 初診から数日後、飼主さんから連絡があり、手術を希望されました。
飼主さんに、手術のリスクの話をさせていただき、手術となりました。
 ハムスターのようなエキゾチック動物は、術前にレントゲン、血液検査、超音波検査などの
術前検査が十分にできないので、どうしても年齢と共に麻酔のリスクが上がります。
 
 手術は、皮下に点滴を行い、吸入麻酔で全身麻酔を行います。
術部を洗浄・消毒し、電気メスなどを使用し、切除、縫合を行います。
 術後の写真です。

ハムスターの腫瘍 術後

ハムスターの腫瘍 術後腫瘍

 腫瘍はきれいに切除でき、麻酔からもすぐに覚醒し、
当日の夕方に退院されました。
 腫瘍は、良性の腫瘍でしたが。
術後は、抗生剤の投与のみです。

 このような、ハムスターはお子さんが飼育されていることが多く、
大人が気付くよりも先に、イボなどを見つけています。
 来院の際は、可能であれば、飼育されているお子さんも一緒に来ていただくと、
食欲、元気、ほかに気になった点も詳しく覚えているので、
術前検査を十分にできない動物にとっては良いと思われます。

 犬や猫のように、長く生きれない動物なので、
早々に腫瘍を見つけ、手術までできれば、もう少し、飼主さんと
一緒に楽しい時間を過ごせるかも知れませんね。
スポンサーサイト

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.