新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

耳にできた腺癌の外科手術
 犬は年をとると、体のあちこちにイボが出来たりします。
この子も6歳の時に耳にイボができたものの、大きくならないので
様子をみていたそうです。
 たまたま、他のことで来院され、耳のイボもついでに診て欲しいと言われ
診察しました。
 初診時の写真です。

 耳介部の腺癌術前

 このように、小さなイボで、ほとんどの方が気にしません。
また、このイボは飼主さんの話ですが、半年前からあったと言います。
ということは、半年間、大きくもなっていないので、普通は気にしません。
しかし、飼主さんと相談し、ビーグルであること、下顎のリンパ節が軽度腫れていることから
検査を行いました。
検査は、病理検査と言って、腫瘍の一部をメスで少しだけ切り取り、ホルマリンにつけて
病理検査に送るだけです。
 病理検査は4日後に出ました。
検査結果は『腺癌』でした。

 『腺癌』は悪性腫瘍で、転移も起こるややこしい腫瘍です。
乳癌もこの腺癌の一種です。

病理検査を確認し、飼主さんに結果をお返しすると同時に今後の方針を話し合います。
1.手術を行う(外科的に腫瘍を切り取る)
2.何もせず、経過観察を行う。
3.放射線療法・抗がん剤
4.サプリメント

 上記の中から飼主さんと相談し、1の外科手術を行うことになりました。
理由は、まだ、若く、この先も長いこと。
腫瘍を切除し、生活の質は低下しないこと。
半日しか入院せず、退院できること。
患者への負担が少ないこと。
 マイナスは、半年も大きくなっていないので、しなくてもよいのでは?
手術費用がかかること、耳とはいえ、痛いことです。
 これらを鑑みても、したほうが良いことが多いので、手術になりました。
手術は、マージンを考え、また、術後の耳の形状(かっこ)を考え手術を行いました。

耳介部の腺癌術後 1

このよう、なるべく耳の形がおかしくならないように切除しました。
術前に飼主さんとカットラインの話をしておいたので、術後、びっくりされていませんでした。
 手術は、抜糸が必要ないような特別な縫合を行い、1週間、カラーというものを装着し
治療は終了しました。

耳介部の腺癌術後 2

念のため、術後の病理検査を行い、マージンも十分にあり、再発・転移はないと結果が返ってきました。
飼主さんにも結果をお返しし、安心されたようです。
 飼主さんも、結果を確認し、半年前からあったイボがまさか悪性腫瘍であるとは
夢にも思っていなかったらしく、びっくりされていました。
また、検査をし、手術までされて良かったと安心されていました。


 現在は、とても元気に過ごしており、抜糸もせずに済む縫合法を行ったので、
手術した部分も気にせず、形も気なる程度ではないとおっしゃっていただき、安心しています。
スポンサーサイト

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.