新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

猫の潜在精巣の手術 パート2
 男の子の去勢手術を行うことが多く、
術前検査の際、精巣(タマタマ)が陰嚢(玉袋)に入っているかを確認します。
この検査は、単に精巣が2個あるか、触る検査です。
 今までは、犬に多く、片側の精巣が落ちてこず、探すことが多かったですが、
なぜか、最近、猫に多く来院されます。
 潜在精巣は犬の場合、遺伝性であると示唆されていますが、
猫の場合は症例自体が多くないので、わからない部分が多いです。

 この子も片側が陰嚢の中に落ちてこず、皮膚の下で止まっていた珍しい子です。
本院でも猫の潜在精巣の手術を行っていますが、今までは、すべてお腹の中にありました。
この子も、片側しか落ちてきていないので、超音波を使い、お腹の中を捜しましたが
精巣が見つからず、探したところ、おまたの付け根に引っかかっていました。
 飼主さんと相談の上、立会で手術を行いました。

 猫の潜在精巣 術前

 少しわかりづらいので、アップの写真です。
猫の潜在精巣 術前アップ

 僕の指で摘まんでいるのが、皮膚の下(皮下)にある精巣です。
手術は、陰嚢の中にある、正常な精巣を取り出し、その後、おまたの付け根の精巣を取り出しました。
 その際の写真がこちらになります。

猫の潜在精巣 術中

 取り出した正常の精巣と皮下にあった精巣です。
大きいのが陰嚢の中にあった精巣です。

猫の潜在精巣 術後

犬に比べ、猫の潜在精巣は発生率が少ないようです。
海外の文献では発生率は0.1~1.0%とかなり低いようです。

 本院では、猫の潜在精巣を最近、よく見かけるため、
発生率は上昇しているのかも知れません。
 この子は潜在精巣が皮膚の下にあったため、お腹を開けずに退院されました。
また、退院も当日の夕方に飼主さんに抱かれて帰宅されました。

 このように、犬、猫では潜在精巣なるものが多く発生しております。
もし、虚勢を希望される方は、再度、触って確認するのもよいかもしれません。

 猫の去勢手術では、1か所のみ切開しますが、
この子は、おまたの皮膚も切開してしまい、可哀想でしたが、
立ち会った飼主さんは、早く見つかり、手術ができたので、
全然構わないとおっしゃってくれました。

 飼主さんも、ねこちゃんも疲れさまでした。
スポンサーサイト

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.