新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

ダニの時期到来、予防法
 ダニ
雪も溶け、お外は暖かく、お散歩日和になりました。
しかし、今の時期はダニの一番多い季節です。
ほぼ、毎日のように眼の周りにダニを着けて来院されます。
 ダニはすぐに吸い付かないので、帰宅後、お外で
ブラッシングをするのが良いとおもいます。
でも、全身くまなくブラッシングは無理です。
 そのため、10年くらい前からダニの予防薬が発売されています。
そのころはスプレー方式しかなく面倒でした。
数年前からスポットといって背中に垂らすタイプが発売され、
各社、様々なものを出しています。
 どこのメーカーもダニの予防期間は1ヶ月で値段も変りません。
ホームセンターでも買えるようです。
ただ、ホームセンターの商品は予防率が低いという
試験結果が出ているので、値段と効果は比例するようです。

 本院で使用しているは、ダニが吸い付く前に落ちるというものです。
これは、画期的で、セミナーに参加してもなかなか信じられなく
早速、使ってみました。
確かに、ダニが落ちるんです。
その証拠は下記のHPでごらん下さい。

 http://www.fortreon.com/fortreon/block.html 

 なぜ、画期的かというと、僕の出身地の関西では
ダニが媒介するバベシア症という貧血を起こす病気があります。
これはダニに血を吸われる際に感染するんです。
でも、この薬はダニに吸われる前に落ちてしまうので感染しません。
 
 千歳はある地域で異常に発生していますが、
年々、住宅地でも感染が多くなっているように思えます。
なので、草むらなどに頭を入れる、草むら大好きなワンちゃんの
飼主さんは気をつけて眼の周り、耳などの顔面などを見てください。
 
 無理にダニを取らず病院に電話ください。


 
スポンサーサイト

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.