新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

尿道結石の外科手術
 人と同じように結石はあるのでしょうか?
犬も猫も人と同じように結石はあります。
やはり、年を追うごとに増加傾向にあります。
腎結石、胆石、膀胱結石など、人と同じように動物にもあります。
中には、胆石のように取り除かなくても良い結石があります。

 この子は、昨年にも膀胱結石があり、飼主さんが
食事療法をしっかりとしていたにもかかわらず、再発しました。
 飼主さんが頑張り、食事療法をして、さらにおやつを止めても
再発することが少なくないです。

 飼主さんと「おしっこの出が悪くなったら手術ね」と話をしていたら
おしっこの出が悪くなり、手術しようと術前検査を行いました。
すると、貧血と白血球減少症が、すぐに原因を調べましたが、
原因は見つからず、『骨髄ロウ』と診断されました。
血液を作る骨髄が働かず、赤血球、白血珠も作れなくなる病気です。
 飼主さんに、尿道結石の手術は待っていただき、骨髄の治療に入りました。
 治療は、輸血、骨髄に働きかけるインターフェロン、抗生剤などを使用し
2週間で手術できるまでになりました。
 飼主さんは、何度か治療を諦めかけましたが、色々とお話をさせていただき
何とか、病気を克服し、手術まで出来るまで回復しました。
 手術は、飼主さんとの話し合いの中で、必ず、成功し、元気にするからと
約束をし、手術になりました。
 貧血などのことを考慮し、事前の血液検査には、血小板の機能などを検査を行い、
さらに、超音波検査など、万全をきし、手術に入りました。

 犬の尿道結石 術中

 このように、おちんちんの尿道の中に石が数十個、詰まっていました。
さらに、尿道の結石を取り残しの無いように尿道を洗浄を繰り返し、術部を閉じました。

尿道結石 除去後

 もちろん、尿道に結石がある子は、必ず、膀胱にも結石があるので、
お腹を切開し、膀胱から結石を取り除きました。
輸血が必要な子なので、なるべく手術は早く、傷も小さくしないといけないので
慎重に、かつ早々に手術を行いました。
 結果、膀胱、尿道からこれだけの結石が回収されました。

膀胱結石尿道結石

 手術後、翌日に尿道カテーテルを入れて退院となりました。
手術の翌日から排尿も可能で、食欲もかなり改善し、元気に歩いて退院されました。

 術後から2日で尿道カテーテルを抜き、自然排尿も可能になりました。
現在、貧血、白血球ももとの数に戻り、抜糸も10日後に行い、元気に過ごしています。

 飼主さんは、一度、諦めていたので、かなり喜ばれており、
また、輸血をしたいただいたワンちゃんの飼主さんもすごく喜ばれていました。
みんながハッピーになり、元気になった手術と治療でした。
 
 本当によかった。
スポンサーサイト

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.