新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

拡大切除した皮膚型肥満細胞腫
 犬の皮膚で出来る腫瘍にはいろいろとありますが、
厄介な腫瘍に、『肥満細胞腫』という悪性腫瘍があります。
 この腫瘍は、皮膚に出来る以外にも内臓にも発生します。

 この子は、半年前から胸にしこりがあると来院されました。
お話を聞くと「半年前から徐々に大きくなってきたかも」ということでした。
触ってみると、皮膚の下に、しこりがあり、どこまで広がっているのか分からない状態です。
飼主さんに、炎症も起こしているので、抗生剤の投与を行い、その後、
再度、検査しましょうと提案し、1週間抗生剤で様子を見ました。
 1週間後、前回の来院時よりしこりは小さくなっていましたが、
中心部は少し硬く、しこりがあります。

 これが術前写真ですが、写真を見ると明らかなら腫瘍は分かりません。
触ると、ボニョボニョした腫瘍が触れますが。

犬の肥満細胞腫 術前

 術前検査を行い、腫瘍が『肥満細胞腫』であることが分かり、
脾臓の超音波、胸のレントゲン、血液検査を行い、3日後、手術となりました。
 手術はこの腫瘍以外にも皮膚の腫瘍を切除するために
飼主さんは別室で待っていただきました。

 手術は、約1時間半で終了しました。
肥満細胞腫は完全に切り取るには、腫瘍の辺縁から最低でも2cm
もしくは3cm大きく切除するため、この子は頚静脈、筋肉の一部と
かなり大きな切除となりました。

 犬の肥満細胞腫 術後

 このように、かなり大きく切り取り、皮下にドレーンを装着し、
圧迫をかけ、翌日に退院となりなりました。
 術後はすぐに飼主さんと会うことができ、ワンちゃんも嬉しそうでした。
術後は無事に傷もふさがり、病理検査の結果も『肥満細胞腫・中等度分化型』と
診断されたので、現在は抗がん剤治療を行っています。
 抗がん剤の使用に関しても、本院では、治療前に飼主さんと
副作用、金額、治療日程などを話し合うため、人のような抗癌剤の苦しさ、
恐怖は無いようです。
 この子の飼主さんも本当に抗癌剤、使っているの?と不思議がるくらい
副作用が無いのでびっくりされていました。
 皮膚の腫瘍は、その悪性度により、大きく切る場合もありますし、
小さな傷で済む場合もあります。
 その点は術前に飼主さんと相談し、決めています。
 半年前からの腫瘍でしたが、切り取れて良かったですね。
この子は、以前もにも大きな手術を受けているので、飼主さんは安心されて
手術を受けられましたが、ワンちゃんにとっては一大事なので、早々の退院を
目指しています。
スポンサーサイト

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.