新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

肛門のう切除術
 犬にも猫に肛門腺(肛門嚢)というものがあるのはご存じでしょうか。
他の動物だと、スカンクが臭い匂いを出して身を守ることはご存じだと思います。
その臭い物質を貯めて置くところが肛門腺(anal glands)です。
 この肛門腺は排便時に、うんちと一緒、もしくは、うんちの後に排泄されるので
飼主さんが気付くことは無いかも知れませんが、トリミングなどで出してもらっていることが多いです。

 この子は、急に、お尻を気にしだし、舐めてひどい炎症になっていました。
飼主さんに、肛門腺の出し方(絞り方)をお伝えし、自宅での治療を勧めました。
飼主さんは器用な方だったので、なんとか絞れていましたが、
絞るたびに痛がり、炎症を起こすので、ジレンマになられていました。
そこで、今回の手術になりました。

肛門腺 オペ前

肛門腺自体は、ワンちゃんが生きていく上で重要な臓器ではないので
不妊手術、スケーリング、肛門腺切除術を一緒にすることとなりました。
 しかし、この子は、以前からテンカン発作を持っており、大学での精密検査時にも
麻酔後に発作が起こり大変だったので、飼主さんは、麻酔に関してかなり気にされていました。
 飼主さんと何度も、話し合い、麻酔のリスク、後遺症なども話し合い、
手術に立ち会い、万全の麻酔を考慮し、麻酔・手術になりました。
 手術は無事に終了し、麻酔も飼主さんが気にされていたような問題も全くなく、
1時間で手術は終了し、麻酔も、手術後、10分で覚醒し、その日に帰宅されました。

肛門腺 オペ後

以前は肛門腺の切除は多く行っていましたが、
最近は、肛門腺を絞るのみの方が増えました。
なぜ、手術まで知る必要がなくなったのか不明ですが、
必要のない手術は減るほうが良いですね。

 この子も、麻酔に関してかなり心配され、不安に思割れていた飼主さんだったので
手術当日も一緒にいていただき、日帰りとなりました。

 今後は、肛門腺自体が無くなったので、肛門腺が貯まることもなくなります。
もちろん、肛門腺絞りも必要なくなりました。
 術後はお尻の手術なので痛そうにしていましたが、
鎮痛剤の併用で、抜糸も無事に終了し、現在はお尻を気にせず生活されています。

 人でもおしりの病気は苦しいと聞きますので、
ワンちゃんはもっと辛いのかも知れませんね。

 無事に、麻酔も手術も終わり、良かったですね。
スポンサーサイト

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.