新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

スピッツ犬にできた再発する皮下脂肪腫の外科手術
 犬の皮下にできる腫瘍で一番、多発する腫瘍は脂肪腫です。
 脂肪腫は、良性の腫瘍で、脂肪腫には
浅在性脂肪腫・・・皮下組織に発生
深在性脂肪腫・・・筋膜下、筋肉内、筋肉間に発生
があります。

 診断は、多くの場合、触診と針生検で診断されます。
人の場合、CT,MRIなどを用い、画像診断で診断されます。

治療法は、外科手術が一般的で腫瘍の直上の皮膚を、
腫瘍の直径よりやや大きく切開し、
被膜を破らないように周囲組織から剥がして、摘出します。

予後は、手術で切り取れていれば同じ部位に
再発はなく、経過も良好です。

 この子のように、再発を繰り返すこともり、
年に数回、切除を呼び無くされることもあります。
 脂肪腫は、大きくならなければ
経過を観察することもありますが、中には
かなり大きくなる子もいます。

 この子も、定期検査で皮下に脂肪腫があり、
徐々に大きくなっていました。
飼主さまは、手術が可哀想で、経過を見ていましたが、
かなり大きくなったため、手術に踏み切られました。

P1060644_convert_20170620152509.jpg

 手術は、皮膚を切開しました。
この子は、筋層の下に腫瘍があり、筋肉を切開し
腫瘍を摘出しました。
多発であったため、合計4箇所の脂肪腫を切除しました。

 P1060649_convert_20170620152546.jpg

 脂肪腫は、なぜ再発するのか
未だ解明されていませんが、人の方では
中性脂肪の高い人に多発する傾向があるようです。
確かに、この子も、少しぽっちゃりですが・・・。

 P1060654_convert_20170620152644.jpg

 現状、脂肪腫の治療法は
外科切除しかなく、内科療法、予防法もないようです。
スポンサーサイト
Mダックスの4椎間にまたがる多発性椎間板ヘルニアの外科手術
 ダックスの椎間板ヘルニアは、ダックスを飼育されている方なら
ご存知の通りでしょう。
 椎間板ヘルニアになりやすいのは、
太っているから、急な動きをするからというのは、本当でしょうか?

 当院での椎間板ヘルニアの子で、
太っている子は、少ないです。
また、走り回って元気な子も、ヘルニアになりやすいことはありません。

 椎間板になる子は、犬種、遺伝性などが要因と言えるでしょう。
この子も、おとなしく、太っていませんが、急に動けなくなり
歩けないと来院されました。

 MRIにて多発性の椎間板ヘルニアと診断しました。
飼主さまには、MRI画像から、年齢とともに悪化してきており
予後が悪いかもしれませんが、今より改善する可能性があることから
手術となりました。
 手術は、腰椎の4椎間にまたがっており、
かなりの重症でした。

P1060530_convert_20170606103841.jpg

P1060534_convert_20170606103943.jpg

 手術は、1時間半で終わり、
2日後には退院となりました。

 この子のように、高齢の多発性椎間板ヘルニア症例が増えています。
高齢の場合、今までに椎間板ヘルニアを発症してきた子も多く、
術前の検査が重要になります。
高齢だからといって諦めないでください。
まずは、診察から開始しても良いのではないでしょうか?
 
 犬の椎間板ヘルニアには、人の分類のようなものはありませんが、
勘弁に、分類されています。
 人と同じように、年齢により、タイプが異なる傾向にあります。
 
 Mダックスのヘルニアは、4〜8歳の好発年齢の場合、
手術による予後も良いですがs、再発率も高い傾向にあります。
 8歳以上の再発例は、手術による予後は若い子に比べ良くないので、
MRI画像により予後判定を行っています。

 人の分類は下記に参照させていただきます。
髄核膨隆(intraspongy nuclear herniation)
髄核突出(protrusion)
髄核脱出(extrusion)
髄核分離(sequestration)
現在ではさらに髄核脱出を後縦靱帯の穿破していないsubligamentous extrusion
後縦靱帯を穿破しているtransligamentous extrusionに分け,
髄核膨隆はbulgingと表現する分類が主に用いられている。
             参照:AAOS(American Academy of Orthopaedic Surgeons)
ダックスに発生した浸潤性脂肪腫の外科手術
 トリミングに迎えに行くと
トリマーさんから、イボがありました!とか
腫瘍がありました!と伝えられることがあります。

 この子も、当院のトリマーが、後脚の付け根が
腫れており、なんかおかしいと担当獣医師に相談しました。
獣医師が触診すると、確かに大きくなっており
腫瘍というよりも、筋肉が盛り上がっているようでした。

 一般的な腫瘍は、イボがつまめたり、
輪郭があったりしますが、この子の場合、
腫れているといった方が分かりやすいです。

 飼主さまに、触診の結果、
筋肉の下に腫瘍があること、腫瘍は良性か悪性か
まだ分からないこと、徐々に大きくなっていること
などをお伝えしました。

 飼主さまは、少し経過を見たいと
おっしゃったので、大きくなったり
飼主さまが不安になったら来院していだくことになりました。

 1ヶ月後、大きくなってきたこと、
心配になったので来院されました。

P1060576_convert_20170526190115.jpg

 血液検査、レントゲン、超音波検査を行い、
筋層の下に腫瘍があること、病理検査によって
良性の腫瘍と考えられることをお伝えしました。

 飼主さまは、大きくなっていることが
心配で手術を希望されました。
手術の前に、腫瘍の大きさ、筋肉の間に
入り込んでいることから、事前にCT撮影を行いました。
CTの結果、筋肉と筋肉の間に入り込み
浸潤性に大きくなっていることから
『浸潤性脂肪腫』の可能性が高いことが判明しました。

手術は、筋肉を3箇所切開し
腫瘍を切除しました。

 P1060580_convert_20170526190339.jpg
P1060579_convert_20170526190304.jpg

 正常な脂肪も腫瘍も見た目では、
変わらないため、正常の脂肪組織も切除を試みました。

 P1060582_convert_20170526190419.jpg

 手術は、1時間で終了しました。
術後は、すぐに麻酔から覚醒し、当日の夕方に帰宅されました。
筋肉を切開したものの、術後から元気に歩き
飼主さまも少し、安心されたようです。
 
 『浸潤性脂肪』は
良性の脂肪腫が、浸潤的に皮下、筋層、骨などに
波及し、まれに、骨の増生なども伴うことが知られています。
事前の病理検査では、一般的な脂肪腫と浸潤性脂肪腫との
鑑別は困難で、CTなどによる画像診断が有用です。
 手術中において、正常な脂肪と脂肪腫との鑑別は困難で
大きなマージンを取る必要性があります。
浸潤性脂肪腫には、3つのタイプに分かれ、
そのタイプによる予後などは、今後の研究成果を待つところです。
 治療は、外科的に切除を行うことが勧められています。
また、放射線療法も効果があるとの報告もあることから
手術を行えない場合は、放射線療法も考えても良いのかも知れません。

 脂肪腫は、日常の診察においても
飼主さま自身も見つけることの多い腫瘍です。
脂肪腫は、良性であることから、大きくなるまで
経過を見ることが多いで腫瘍ですが、
今回の浸潤性脂肪腫は、切除マージンが大きくなること、
筋肉や、神経を巻き込むことも多いことから、
早期に手術を行うことが望ましい腫瘍です。

 今回、発見時から手術まで
時間が経過したこともあり、腫瘍は大きくなり
皮膚の切開も大きくなりました。

 筋肉の間にできる腫瘍には、悪性の腫瘍も多いことから
早期に確定診断を行うこと、また、手術前にCTを用い
腫瘍の評価を行うことが重要です。
犬の頚椎ヘルニアの保存療法(頚椎カラー)
 以前と比べ、胸腰椎の椎間板ヘルニアの症例が
減っています。
これは、大学や、専門病院でも同様のことが言えます。
一番の理由は、ダックスフンドが減ったことが挙げられます。

しかし、頚椎ヘルニア、椎間板脊椎炎の症例が増加しています。
頚椎ヘルニアは、当初、痛みや元気がないと来院されます。
多くの場合、鎮痛剤やステロイドにより改善しますが、
お薬を減薬したり、休薬すると悪化します。

当院でも、頚椎ヘルニアの症例が年々、増加傾向にあります。
頚椎ヘルニアの治療は、痛みが継続する場合、運動制限が必要な場合などは
外科的に治療を行います。
一般的には、ヴェントラルスロットという、喉の方からアプローチし
食道、気管を避けて、椎間板物質に直接アプローチします。

 内科的な治療法としては、
内服薬:非ステロイド性鎮痛剤
     ステロイド
     オピオイド

理学療法:鍼灸
       半導体レーザー

固定術:頚椎カラー などがあります。

今回の子は、14歳で、頚椎ヘルニアになり
手術をお勧めしましたが、年齢のことなどから
手術をしないとお決めになられたダックスです。

 手術を行わない場合、内服薬とサプリメント
レーザーなどの理学療法に加え、
頚椎の固定を行います。

 頚椎の固定は、犬用のカラーも発売されています。
当院では、飼主さまのご意向に添えれる限り、
その子にあったカラーを作成していただきます。
犬種、年齢、体重などにより、首の太さ、長さ、筋肉の付きなどが異なります。


 頚椎カラーはこのように、
その子専用のカラー装着します。

P1060306_convert_20170526175307.jpg

今回の子は、年齢も高齢で、寝てばかりいるので
小さいカラーを作成し、装着しています。

 カラーを装着すると、
飼主さまも安心して、生活ができるようになったと
犬から目を離すこともできるようになったと
喜ばれています。

 椎間板ヘルニアの治療には
いろいろと選択肢があります。
犬の状態、年齢、抱えている病気などを考慮し
治療法を飼主さまに選んでいただいています。

 頚椎カラーに関しては、
その子に合ったものを装着するため
事前に、採寸し作成しております。

 興味のある方は、病院スタッフか
担当獣医師にご相談ください。

      
ダックスとプードルの精巣停滞
 老齢の未去勢犬に精巣の腫瘍が多く発症します。
当院では、診察時、10歳以上になった未去勢犬の精巣を
必ず触診しています。

 この子、精巣の片方が大きくなり、気にされていました。
飼主様は、以前から精巣が大きくなっていることは
診察時に説明されて、ご存知でした。
しかし、年齢のことから手術に踏み切れず
徐々に大きくなった子です。

 P1060461_convert_20170516162026.jpg

精巣の腫瘍は、ほとんどが片側のみで
両側が大きくなることは稀です。
今回の子も、片側のみ大きくなっていました。

 手術は、老齢の子が多い腫瘍なので
麻酔には吸入麻酔薬のセボフルレンを使用しました。
さらに、人工呼吸器を使用し、手術前に、酸素室で酸素化を
行い、手術を行いました。
 手術時間は、約10分で終了します。
当院では、縫合糸を使用しない、半導体レーザーや
超音波メスを使用し、手術を行っております。
 お昼に、手術を行い、夕方には自宅に帰宅できます。
抜糸は、7〜10日後に行っております。

 精巣の腫瘍には、
・間質細胞腫
・セルトリ細胞腫
・精上皮腫    
の3種類があります。

 精巣腫瘍は、稀ですが、転移することもあります。
転移率は、セルトリ細胞腫、精上皮腫で約15%
間質細胞腫は転移しないと言われています。

 このように、精巣腫瘍は、陰嚢の中にある精巣では
簡単に触診で確認が可能です。
しかし、お腹の中に停滞した精巣は見つけることが困難です。

 トリミングや、自宅でのシャンプーをするときは
精巣の大きさや、形を確認してみてください。
 

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.